RAIN EFFECT CD が届いた件

20140120_RAINEFFECT_CD_02.jpg

わたしの手元にもゲンブツが届きました
わーい わーい わーい

コンセプトについて書かれたニュースを見なおしていました
うふふ やばーい 楽しい♡♡



雨、新しいタイトル曲のコンセプト公開...第2の '太陽を避ける方法'

歌手ピ(実名チョン·ジフン)が新曲ミュージックビデオの撮影中のことと知られなかで
新曲のコンセプトを第2の「太陽を避ける方法」とした。

11日雨所属会社側はTVレポートに 「雨の新曲は、本来の魅力を生かしていくものと見られる。
過去の「太陽を避ける方法」のような感じで叙情的でありながらビートを生かした曲に
雨のダンスを鑑賞することができる
」と説明した。

雨は去る10日から新曲のミュージックビデオ撮影に邁進している。
ルームフェンス監督と手を取り合って合計4日間、二編を製作すること。
所属事務所関係者は 「二つの曲は全然違う感じで雨の多様な魅力をアピールする予定だ。
ルームフェンスのユニークな画面構成の中に雨を浮上させるコンセプトで作られる」 と付け加えた。

~以下略~
情報出処 http://news.nate.com/view/20131211n28175




RAIN「30SEXY」MVを公開…“ワイルドなセクシー”は終わり?脱がなくてもセクシー

荒い息遣いをしなくても、衣装を破いて腹筋を見せなくてもセクシーだった。

2日正午に公開されたRAIN(ピ)の新曲「30SEXY」は、30代になって初めてのカムバックに乗り出したRAINが
20代の時とは違うセクシーさを見せるとして、タイトル曲として掲げた楽曲だ。
いつも食い付くように“厳しく”歌っていた彼が、今度は余裕を見せ、進みそうで進まない姿で
焦らしながら節制されたセクシーさを表現した。

最近現代美術に凝っているというRAINは、ミュージックビデオでもモダンな1枚の絵を連想させた。
白黒の絵の上に立ち、ダンスの動き一つでダイナミックさを吹き込んだ。
長身な上に10cmのヒールまで履き、フィットしたスーツスタイルを見せた彼は
特に肩と脚のラインを強調し、視線を惹きつけるのに成功した。

「もう、脱いで破いて剥がす男性の後輩たちが多いのでは」と、新しいセクシーさを表したかったと言う彼は
さらに濃艶にカメラを見つめながら、軍入隊前のワイルドな姿とは正反対の姿を見せている。
RAINが手掛けた歌詞も、熱かったり切羽詰まったものではない。
歌詞の中の彼は、セクシーな女性を誘惑しながらも主導権を手放さない “クールな男“ に近い。

楽曲も、メロディーよりはビートにポイントを置いた。振付を先に作ってから曲を作ったというほど
自然に肩を動かすことのできるビートがさらに魅力的だ。
仮声と真声を行き来しながら緊張感を作り出すRAINのボーカルも印象に残る。


情報出処 http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985755




RAIN「La Song」MV公開…カッコつけるRAINは忘れろ!“見たことのないRAIN”で勝負

カッコつけるRAINは忘れろ。

2日正午に公開された歌手RAINのダブルタイトル曲「La Song」は
今までRAINが見せたことのない、思い切り遊んでいるRAINの姿を見せ
4年ぶりの空白に新鮮な魅力を与えた。

この曲は彼がデビュー以来初めて挑戦するラテンポップジャンル
一度聴くと耳から離れない中毒性のあるメロディと、異国的な雰囲気が漂う妙な魅力が印象的だ。
ブラス音楽など、一見して彼と似合わなさそうな組み合わせを集め
完全に新しいRAINのイメージを生み出した。

MVは西部劇のシーンを連想させる作品で、お茶目な姿で登場したRAINが
強烈なダンスを踊ることで雰囲気を転換させる。反抗的な表情で意地悪いジェスチャーを見せるRAINは
今まで大衆の脳裏に深く刻まれたハードなトレーニングをするRAINとは真逆で面白い。

RAINがペ・ジンリョルと共に作曲し、自ら歌詞を書いた同曲は
RAINが普段周りから「お酒を飲んで遊ぶ時に歌えるRAINの歌がない」と言われて書いた曲だ。
「トラブルメイカーだが、従順な可愛い子ちゃんです。可愛がってあげてください」
「今日は走れ。そう、実は今日、ちょっとカッコつけた。靴の紐」など
可愛く見栄を張る男を盛り込んだ歌詞も印象的だ。

特に同曲は最近の音楽配信チャートのトレンドとも真逆で、その成果に関心が集中している。
カムバックステージは来週公開される予定で、RAINの“見たことのない”魅力を盛り込んだMVで
どれほどアピールするのかによって、音楽配信の成績が決まると思われる。


情報出処 http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985756


★ さおぴ~の感想 (気分は評論家のコーナー) ★


・비 - Rain Effect

最初にティーザーをみた瞬間の感覚が聴くたびによみがえります
この視線は静止画よりも動画で見たほうが100倍良いけど貼ります

IMG_8562.jpg




・비 - 30 SEXY

MV が頭に焼き付いて終盤に横向きにかがんでポーズするところ (止まるところ) が
最大級の 「節制美」 だなと個人的には思ったので あそこで止まらないテレビ仕様の振付に
最初ちょっと違和感があったのは自分の受け皿が足らないだけだったと気づきました
テレビで聴けたサビ中の 「Let's go」 たった一言なのに見るたびに ひゃー でしたし
「サビのダンス×笑顔」 は最強コラボで この場では真剣顔よりも笑顔の方が魅力的と
熟知しておられるところがたまらんぜよでした (← 相変わらず細けぇ~ツボ)
あと確かに女子のハイウエストスキニーは流行だけど男性では見かけませんよね
万人向けではないことを RAIN さんがサラッとしてしまうあの感じ
かなり理解度の高いスタイリストさんがいるんだなとか
そういうところも踏まえてめちゃくちゃ好きです (← どさくさに紛れて告る)

53589[1]




・비 - LA SONG

お酒を飲んで遊ぶ時に歌える曲として作られた曲で
最近の音楽配信チャートのトレンドと真逆のスタイルだそうですが
MV を見て RAINさんの新しい挑戦マジやな思いました
ブラックミュージックに寄りすぎると万人向けじゃなくなってフックする層が薄くなるから
K-POP で通用するようにまとまめたのかなと思いきや黒人ダンサーさんたち
完全に振り切れてて K-POP枠 はみ出てる気もします
ジャンルは違いますがキンピカパーティー&ダンスつながりで
Pink の Get The Party Started (好き) 思い出してたんですが
(キンピカじゃらじゃらつけて車で向かって途中でキスありーのアメリカンジョークありーの
みんなで踊って一番かっこいいのが Pink というシナリオ)
何気ない表情ひとつ取ってみても軽さと重さのバランスが絶妙なところは
今の RAIN さんだからこそ出来る神業だなと思いました
テレビでは出だしのダンスがとにかくカッコイイのと
大人バージョンのお茶目いっぱいでたまらんかったです (テレビ向けの笑顔も大好き)
コーラを注いで飲む音のところ (勝手にコーラだと思っている) 開放的な気持ちになるのも Good
MV で一瞬うつるシャツ姿の RAINさんチョワ♡♡

20140120_RAINEFFECT_CD_03.jpg



・비 - 어디 가요. 오빠 (Feat.현아)

タイトル曲以外で好きな曲を一つ選ぶならこの曲です
この曲は 2集 「火星の男、金星の女」 の
2014年バージョンだと思っていて (勝手に)
共通してるのは 「ヨジャとモメてる」 シチュエーションで
どちらもヨジャを先に歌わせているのですが
(ヨジャを先に行かせるところが非常にツボ)
2003年のジフンさんはちょっと大人びた雰囲気を出して
「お前をすきだって何回も言ったのに、知らないふりしてただろう」 と言いますが
2014年のジフンさんは 「オッパは忙しいんだよぉ」 と言って
ホントの大人ナムジャモードで優しく諭す感じになってるんですね ブフフえろい...
音楽としてもこのアルバムの中で一番波打ってる気がします
聴いてて勝手にカラダが揺れるのは LA SONG よりもこっち
入隊中サンドゥさんのことをオッパと呼びつづけたせいか
とても親しみが湧いてジフンさんを身近に感じるし
30SEXY とは別の角度から大人セクシーを表現した曲だなと思いました
オッパ呼びできる層、チング層、マニアック層が深めにハマるように
仕掛けた曲だと見受けました ぷわぁ♡ (← どハマリ中)



・비 - 마릴린 먼로 (Marilyn Monroe)

RAINさんが ZEPP でチラ見せしてくれたとき
「ヨギカジ~(ここまで)」 とオアズケ状態を 7回も喰らったせいか
もうぜんぶ聴いていいんだ♡♡ というウキウキ感がたまりません (← 犬)
ZEPP から Love is が大好きになり毎日聴いてましたが
今のジフンさんが大好きだから今はマリリン・モンローが一番心地いいです
みちげそ な~♡♡♡



・비 - 차에 타봐

タイトル曲のようなインパクトがないから影に隠れやすいけれど
ジフンさんが得意とする部分がギュッと凝縮されていて
密かに誰が聴いてもかっこいい万人向け仕上げかなと思います
ステージで目を閉じて歌うステキな姿が目に浮かぶ (勝手に想像)
個人的には一番うっとり度数が高い曲です
ゆ、ゆ、ゆ、ゆ (You You You You) のところが好きすぎる



・비 - SUPERMAN

ライブステージで見れるとしたら
どんなダンス振付になるか一番楽しみな曲です
で、で、で、ででででで
ぼ、ぼ、ぼ、ぼぼぼぼぼ のところ好き



・비 - 알아버렸어

ライブで歌われるならボルテージ最高潮にのぼったあと
中盤~ラストに差し掛かる前あたりに持って来られそうな曲だなと勝手に予想
歌詞とは裏腹に?疾走感があるので夜車で走ってるときにしっくりきます
車以外ではこの曲だけいつもすっ飛ばしてるのでこれから聴き込む曲
(好き嫌いじゃなく 「今はこれよりあれが聴きたい」 と思うことが多い)



・비 - Dear MaMa Don`t Cry

複数の要素がミックスされてる気がしました
個人的には 「深い悲しみ」 よりも 「純度の高さ」 が心に響いてくるイメージです
内側に入っていくような純粋な世界観を宇宙から見るような感じがありつつ (← エセ評論家)
後半はサックスが加わってニューヨークの夜みたいな雰囲気もありつつ
単純に純粋なだけじゃなくやっぱり大人の男性なんだなーと思いました
ジフンさんが 「オンマ」 じゃなくて 「ママ」 と発したところも新鮮だった
生バンドでやって欲しい曲ナンバーワン



・비 - 30 SEXY (East4a deeptech mix)

またやられたと思いました (← またやられた人)
ラストは卒なくリミックスでキレイに整えられていて
また Rain Effect が自然に始まって無限ループしてもガタガタしない安定感が
すっかり大人ナムジャになられたジフンさんの思考回路に繋がりました
全体に 「余裕」 と 「ナムジャ」 と 「新たな挑戦」 を散りばめられた感じで
ちゃんと 2年は楽しめる仕上がりで 30SEXY すぎました




余談

入隊前から20曲くらい準備されていて除隊後に整えられ形になったこの 6集
あのときのジフンさんと今のジフンさんが合わさって出来たというだけで
わたしにとっては宝物の CD です
リアルタイムでずーっとジフンさんのことが好きな時間にできたアルバムだから
新しい RAIN さんの作品をこんな風に楽しめること自体が本当にうれぴー
自分のモノサシだけではとても測れないとっておきの一枚
音楽に詳しい人にこのアルバムを解説してほしいなぁと思います
(でもエセ評論家もアリでしょう? 笑)

たくさん買った CD 韓流チングさんたちにプレゼントするつもりですが
タイトル曲は MV も絶対セットで見て欲しいから一緒に渡すつもりです
できれば音楽番組もぜんぶ見て欲しいけどさすがに暑苦しいのでやめときますけど
MV と音楽番組では違う魅力があったからホントはそこを見てほしい (← 暑苦しいぞ)

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://rain2banhada.blog.fc2.com/tb.php/1498-ec4985e8

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

THE SQUALL 2015-2016 RAIN World Tour

2015/11/08 Changsha (長沙)
2015/11/14 Shenzhen (深圳)
2015/12/11 Seoul
2015/12/12 Seoul
2015/12/13 Seoul
2015/12/19 Guangzhou (広州)
2015/12/26 Shanghai (上海)
2016/01/09 Wuhan (武漢)
2016/01/23 Shenyang (瀋陽)
2016/01/30 Hong Kong (香港)
2016/03/05 Hangzhou (杭州)
2016/04/23 Cheng Du (成都)
2016/05/21 Kuala Lumpur
2016/05/24 Tokyo
2016/05/25 Tokyo
2016/06/04 Macao
2016/06/18 Beijing (北京)
2016/10/03 Shantou (汕頭)
2016/12/30 Singapore

カテゴリ

過去のスケジュール一覧

全記事表示リンク

検索フォーム

Togetter 更新情報

ヒマな人 話しかけてください

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Saopi (ツボまとめ屋)

Author:Saopi (ツボまとめ屋)
2011年夏ジフンさんに惚れました。2011年9月15日チャリコン神戸から始まり初渡韓は2011年9月24-25日ソウルコンです。
@rain2banhada